海外FX業者を利用して大きな利益をあげる

このところ、日本国内だけではなく、海外に目を向けるようになり、ビジネスをする人が増えてきています。その中でも注目されているのが海外FXです。
大きな利益をあげたいと思う場合に海外のFX業者と取り引きをすることを考えてみることができます。

学生や主婦もこうしたFXに関心を持つようになっていますし、以前ほど障害が少なくなっていますので多くの人が始めることができます。

中には海外FX業者を利用する場合には口座の開設が面倒になりそうと思うかもしれませんし、書類なども海外に送る必要があると考える人もいますが、実際にはそんなに複雑ではなく、WEB内だけですべての手続きを終えてFXをはじめることができるのです。

取引に必要となった費用は全て必要経費としての計上ができますから税制面で有利です。例えばパソコン本体やソフトウエア、さらに取引の勉強や研究に使った書籍などの購入代金を必要経費として計上することができるのです。このように法人口座では個人口座では認められていないコストの圧縮も可能なのです。 
参考:FX法人口座徹底活用ナビ※開設のポイントとおすすめFX会社を紹介

ところで、どこの海外FX業者がいいのかということですが、その点に関してはインターネット上の比較サイトがとても参考になります。24オプションや、YouTradeFXなども人気になっています。こうした海外FXを利用することで副業としても期待できます。

一攫千金を目指して海外FX業者へ

毎日のようにFX取引をしているせいか、今では手法をあまり変更することはな
く淡々と取引をこなして安定した儲けを得られるようになってきましたが、現状の利益に満足できなくなり少し前から海外FX業者を利用するようになりました。

やっぱり一気に稼ぐなら国内より海外のブローカーを使わないといつまで経っても大金を手にすることはできないと思いますし、私のような小額トレーダーだとなおさらそれが当てはまるから海外FX業者は初めてで不安はあったものの、使いだしてからは海外FXの魅力にはまってしまったのです。

レバレッジの倍率が違うだけでこうも儲け方や資産の増える速さにアドバンテージがあるなんて知らなかったから凄く驚きつつも、その利点を最大限活用するために早く海外FXの仕様に慣れようと毎日実戦を通して勉強しています。

今まで使っていた手法はレバレッジに合わせて利益幅や損切り幅などの細かな数値だけ狭めたくらいで、これといって大きく取引スタイルを変えたりはしていないからこれからも海外FX業者で十分やっていけそうです。

海外のFX業者はメリットが多し

FXの初心者も上級者も海外のFX業者のことは、ネットなどで知っている人は少なくありません。
しかし、日本のFX業者に比べてまだまだ知名度は少ないですし、本当に入金されるのかといった不安がある人は多いでしょう。
もちろん悪質業者があることは事実ですが、優良業者はかなりメリットがあります。
たとえば入金ボーナスがあります。それは入金した額と同一の金額を投資金として口座に振り込みしてくれていることです。そのまま出金することはできませんが、リスクなしで投資を始めることができることは嬉しいでしょう。

そして、実は海外業者の一番のメリットはゼロカットサービスがあることです。ゼロカットとは日本のFX業者ではまだ馴染みがありませんが、どれだけマイナスになっても投資金以上の損失を出さないことを指します。実際、急な為替変動ですべての投資金を失うだけでなく、最悪の場合は借金までできてしまうことがあります。

これでは投資どころの話ではありません。

つまり、海外のFX業者は意外にもリスクが少ないということです。

海外FX,クレジットカードで入金可能

国内FX業者にレバレッジ規制が導入された影響で海外FX業者に口座を開設した人も多いと思います。私もある海外業者に口座を開設しトレードをしていますが、驚いたことがあります。それは、入金にクレジットカードが使用できるということです。これは、国内業者ではあり得ませんよね。
しかし、外国での業者では珍しいことではないみたいです。
日本に住みながら海外業者へ入金となると、銀行経由では時間が掛かるので、一瞬で送金可能となるクレジットカードでの入金はありがたいシステムだとも言えます。

しかし、クレジットカードで入金となると、注意しなければならない点があります。それは、熱くなりすぎて、返済可能額を超えた金額を入金してしまわないようにすることです。
負けが続いて、気が付けばクレカ上限まで入金してしまい青ざめる、なんてことがないようにしなければなりません。

出来れば、クレジットカードではなく、自分の銀行口座に入っている金額しか送金できないVISAデビットカードを使用する方が良いかもしれませんね。

私が最も有効だと考えているテクニカル指標

投資、特にFXというと、大抵の人は「怖いんじゃないの?」とか「ギャンブルじゃないの?」とか仰りますが、FXは明らかにギャンブルとは違います。
「できだけ儲けたい」、「できるだけ損失をコントロールしたい」と考えている多くの投資家たちの群集心理を正確に分析すれば、それほど危険なことではないことが理解できるはずです。

そこで私は、為替レートの過去の値動きを分析して、現在の値動きを眺め、未来の値動きを予測するチャート分析を利用しています。このチャート分析の中で、私が最も有効だと考えているテクニカル指標の1つに「移動平均線」があります。これは、ある一定期間(5日、10日、21日、200日など)の為替レートの各終値を日数で割って平均化し、その数字を結んだ線のことです。

私の場合、中長期のトレンドを見る時、200日移動平均線を使用しています(これは、土日と休日を除いた為替市場の年間営業日が約200日だということに関係しているからです)。

フィボナッチ・リトレースメントは、まさに黄金比率!

私が多用しているチャート分析手法の1つに「フィボナッチ・リトレースメント」というものがありますす。世界中の無数の投資家が創り出したFXの世界も、普遍的な審美眼や自然の摂理に支配されているという考えから、生み出された分析手法だそうです。

確かに、ジグザグに上下動を繰り替えしているようにみえるFXレートの高値(山)と底値(谷)を直線で結んでみると、見事なまでに歴史的建造物や美術作品に見出すことのできる黄金比率に符合する線が引けるではありませんか。

それから、俄然、この手法に興味を覚え始め、色々なチャートでこの手法を試してみました。そして、分かってきたことが、この線の示す節目の近辺には新規の売買注文やロスカット注文が集中しやすくなる、ということだったのです。

このフィボナッチ・リトレースメントを利用したチャート分析を心得てからは、自信を持って相場に臨めるようになりました。特に、週足や月足などの長い時間軸でこの線を利用することは有効だと思っています。

ビッグイベント時は海外FX業者で小額取引

雇用統計などのビッグ指標は大きく為替が変動するから稼ぎ時なのかもしれませんが、なるべく穏やかな相場で堅実に運用したい私にとっては普段運用している口座はそういうときに使わず、海外FX業者の口座を利用してお祭り相場に参加しています。

なぜ海外FX業者でポジションを持つかというと、当然最大のメリットともいえるレバレッジの高さからくる証拠金の低さが目当てで、なくなっても支障のない程度の額で試しにポジションを持つためにはこれほど良い環境は国内ではなかなか味わえません。

大きく相場が動くときなのだから、自分も取引に参加してお祭り気分を体験したいというときには以前ならメインの口座でイチかバチかの取引をすることも多かったのですが、最近ではこうして小額でガス抜きをしているおかげでメインの口座で取引したいという欲求を落ち着かせることができているのです。

もし思惑が外れて負けてしまってもまあいいやという感じでサラっと流せますし、逆に勝ち方向に為替が伸びていったときにはレバレッジの高さのおかげで小額でも大きな額に膨らむから、月に何度かあるお祭り相場には必ず海外FX業者の口座で参戦しています。

海外のFX業者について

海外のFX業者において、FXを行う場合は日本と違って規制などが少ないですのでとても稼ぎやすいと言えるでしょう。

日本国内では様々な規制がされており、もはやFXはあまり稼げないといわれています。

ですが海外のFX業者ではこうした規制がないので、その分たくさん取引を行うことができますので儲けも出やすいということになっています。
しかし、だからといって何も策略などをたてずにただ現金を投入しあてずっぽうで予測していくのでは大事な現金を一度に失ってしまう可能性がありますので、注意が必要となります。

そこで、まず初めての方はまずデモ取引を行うことをおすすめしたいと思います。

デモ取引を行うことによって、まずどのようにFXにおいて取引をすればよいのかと言うことが分かりますし、コツなどを掴んでから始めることが出来ますので初心者の方におすすめとなっています。

さらに、こうしたデモ取引では画面の見方だったりなども良くわかるというメリットがあります。